おらほ放送局

地域の記憶by前川ゼミ

(更新日: 2014/01/28)

HOME 地域の記憶by前川ゼミ > [06/11/12]塩田平健康ウォーク

塩田平探訪/佐加神社:名前の由来



第3回塩田平健康ウォーク(2006/11/12)では郷土史研究家・宮本達郎さんにお話をお聞きしながら塩田平を探訪しました。ここでは、宮本さんの解説を通して塩田平­の見聞を深めてみましょう。

解説の採録

佐加神社という名前が変わったのはですね、これは明治10年から佐加神社という名前に改めたと言われています。この近所の現在は氏神ですけどね。ともかくこの佐加神社は、渡来してきた人たちが白鬚大明神として祭ったわけです。このシラシゲ大明神というのはね、一つは丸子の東内というところの入口に一つあります。それから東御市の和の深井というところにも白鬚大明神がある。上田小県ではその3つ、白鬚大明神というのがあったんですが、ここだけは佐加神社に名前を変えております。そういうことですね。そんなふうに一つ当時、日本の国へ技術を伝えた方々が祭った神様とこういうふうにアレ(解釈)してください。

祭神はですね、普通のシロカミのミコトとサルタヒコのミコトと、それからタケミカヅチのミコトという神様が、3つの神様が祭られております。そんなところでこの説明を終わりにしたいと思います。

はじめにもどる   ひとつもどる       つぎへすすむ