おらほ放送局

地域の記憶by前川ゼミ

(更新日: 2014/01/28)

HOME 地域の記憶by前川ゼミ > [06/11/12]塩田平健康ウォーク

塩田平探訪/信玄道、古くは鎌倉道



第3回塩田平健康ウォーク(2006/11/12)では郷土史研究家・宮本達郎さんにお話をお聞きしながら塩田平を探訪しました。ここでは、宮本さんの解説を通して塩田平の見聞を深めてみましょう。

解説の採録

古くはこれ、鎌倉道と言ったんです。それでね、武田信玄の頃はですね、この道路を通って…。
(車が通りますよ。)
古くはこれ、鎌倉道でね。武田信玄の頃はここを通ったわけです。そこの菅原峠を越えて、それから室賀峠を越えて、坂城の方へ出ていったわけですね。古くは鎌倉道だし、新しくは武田信玄が活用した道ですね。で、その山の中にですね、その山の中に信玄が兜を掛けた松と言うのがあったんですがね、枯れちゃったんです、これ。それで今は市の指定から解除されて、今は2代目が植わっていると。こういうことです。
(気をつけて渡って下さい。)
(指さして)その山です。今は枯れちゃったんですね。これはね、砂原峠。砂原峠、丸子です。丸子の御岳堂というところに出ます。それでね、武田信玄は、砂原峠を越えてこっちへ来たわけです。

はじめにもどる   ひとつもどる       つぎへすすむ