おらほ放送局

おらほ放送局メイン

(更新日: 2012/11/25)

HOME おらほ放送局メイン > おらほ放送局活動

EDIUS研修会

→画像表示 [ オリジナル ]
記録日: 2011/07/01 蚕都上田館

あなたはビデオ編集に何のソフトをお使いですか?

EDIUS、Premiere、VideoStudio、FinalCutProなどいろいろあります。最も安価なものとしては、Windowsに標準添付のムービーメーカー(Liveムービーメーカー)も。

一方、ビデオは今やハイビジョン規格(AVCHD)が当たり前となり、AVCHDのビデオがストレスなく編集できることがビデオ編集ソフトに求められてきています。

インターネット放送局「おらほ放送局」では、ビデオクラブなどビデオ制作の愛好者に利用者が多いEDIUSを標準的に使っていく方向です。メンバーの中では、他のソフトを使っていたり、自分のパソコンでは処理スペックがないため、編集作業に限界があったり、といった課題があります。そこで、7/1のEDIUS研修会では、若干名がEDIUSを試し始めました。

中沢裕(なかざわ・ゆたか)さんからEDIUSの手ほどきを受けました。この日は、おずさんが東日本大震災ボランティアの活動を取材した映像を素材に、ひととおりの編集から書き出しまでを実習しました。

メディアクリップ

▼1 おらほ放送局スタジオ兼編集ルーム

▼2 中沢裕さんに教えてもらっています

▼3 まずはEDIUSを使ってみよう

▼4 AVCHDファイルを選ぶ

▼5 ビデオ編集

▼6 ビデオ編集

▼7 ビデオ編集

▼8 ビデオ編集

▼9 蚕都上田館の灯り

▼10 室内で進む研修会

▼11 その間にもビデオ編集は進み

▼12 タイトルと音楽を入れて番組らしく

▼13 再生して仕上がりをチェック

▼14 ムービーを書き出し

EDIUSとAVCHD

AVCHDを編集する際に問題となるのは、ビデオ編集ソフトのコーデック上の負荷の問題です。ビデオを再生する際にカクカクというぎこちない動作状態となり、動作や音声をスムーズな状態で確認できません。それでは現実問題として編集が行えません。

この日はEDIUS NEO(バージョン1)とNEO3の2種類を試しました。NEOでは、取り込んだAVCHDのビデオはカクカク動作となり、逐一、レンダリング処理を施す必要があります。この問題を解消するため、AVCHD Converterというソフトが用意されていて、これでAVCHDファイルをEDIUSで最適のAVI形式に一括変換するとカクカク動作は解消します。

NEO3は、この点が改善されており、AVCHDをそのまま読み込みスムーズに再生できます。

はじめにもどる   ひとつもどる       つぎへすすむ