おらほ放送局

蚕都上田プロジェクト記録

(更新日: 2011/09/07)

信州上田夏季大学/第8分科会「蚕都上田のまちづくり」2008/08/31

タイトル  蚕都上田のまちづくり~上塩尻の文化を伝承しよう~

趣  旨  日本一の蚕種製造の地であった上塩尻を訪れ蚕室のある民家を見学します。さらによそ者の視座から「上塩尻」を捉え直し、蚕都上田のまちづくりの課題を探します。あなたの参加が上田を変えます。

目的・内容  蚕種製造業で栄えた上塩尻の蚕室が連なる家並みは他の地域には見られない独自性の高い地域文化です。しかし蚕業が衰退し世代も交代し民家の建て替えや空き地化なども目立つようになってきました。この機会に上塩尻を訪れ、上塩尻の文化伝承の課題を導出します。

ねらいと目標  第1目標:「上塩尻」を視察し、その存在、固有な文化を参加者全員がしっかりと認識する。第2目標:上塩尻の文化伝承をまちづくりの課題として捉え、その課題を導出する。ねらい:以上を通し、参加者が蚕都上田のまちづくりに踏み出す。

運  営  蚕都上田プロジェクト

講師名   古川愛哲(文筆家)、清水卓爾(上塩尻在住者)、三田育雄(長野大学教授)

参加受入人数  30名

関連リンク

はじめにもどる   ひとつもどる       つぎへすすむ