おらほ放送局

蚕都上田放送局

(更新日: 2013/01/03)

HOME 蚕都上田放送局 > 蚕都上田交流発信2010

港都横浜ツアー01/上田から横浜へ

→画像表示 [ オリジナル ]
記録日: 2011/03/26

2011年3月26日(土)7:00~21:30
横浜開港以後、蚕種・生糸輸出で栄えた蚕都上田の歴史的背景を港都横浜に探ります。2010年度に実施している事業「蚕都上田交流発信2010」のしめくくりとしても実施するものです。

参加者の皆さんそれぞれの「日本シルクロードものがたり」がここから描き出されていきます。

この時期にしてはよりによって寒い朝。めずらしく雪が降りました。バスは上信越道を東京へ。かつて信州の生糸は北国街道・中山道を経て、利根川の支流・烏川の倉賀野河岸から船に積まれ、江戸・東京を経由して横浜に運ばれたと言います。ほぼそのルートをたどりながら横浜へ向かいました。

阿部勇さんから参加者の皆様へ

当日は横浜開港当時の蚕都上田の歴史を研究している阿部勇さん(上田歴史研究会代表)から歴史的背景について車中、レクチャーをいただく予定でしたが、長野県北部地震の復興支援のため、やむを得ず欠席されました。阿部さんから預かったペーパーをこちらに転載します。


ドキュメント [PDF (Portable Document Format) 形式]
記録日: 2011/03/22

横浜へ向かう:上田→東京

▼1 上田駅温泉口、朝7時前

▼2 この時期にしては寒い朝

▼3 7時、上田を出発

▼4 朝、雪が降りました

▼5 国道18号線沿い

▼6 上田菅平ICに入る

▼7 三芳PAでトイレ休憩

▼8 バスに戻る

▼9 本日のバス

▼10 新津新生さんが蚕都上田の講義を始める

▼11 東京から横浜までたっぷりと講義を満喫

▼12 通行量の少ない首都高を順調に進む

▼13 窓外の風景

▼14 寝ている人、景色に見とれる人、話聞く人

▼15 首都高5号線

▼16 震災の影響か、車が少ない

▼17 蚕都上田から港都横浜へ

▼18 水道橋

▼19 鉄道

▼20 浜離宮

▼21 橋を渡る

▼22 ウォーターフロントが見える

▼23 レインボーブリッジへ

▼24 ウォーターフロント

▼25 新津さんの講義は続く

▼26 ウォーターフロント

▼27 ウォーターフロント

▼28 ウォーターフロント

▼29 大黒JCT 強風注意

▼30 新津さんの講義

▼31 ウォーターフロント

▼32 スカイツリー

▼33 お台場

▼34 お台場

▼35 振り返る

▼36 羽田へ向かう

▼37 モノレールと併走

横浜に着く

▼1 川崎に入る

▼2 生麦

▼3 新津さんの講義は佳境に

▼4 工場地帯

▼5 日本ビクター

▼6 すいている首都高

▼7 運河

▼8 高速を降りる

▼9 みなとみないが見える

▼10 たっぷりと講義を堪能しました

▼11 バスを降りる

マップ





はじめにもどる   ひとつもどる       つぎへすすむ